人気のあるレディースセレモニースーツの要素

見た目を重視するならやはりスカート

レディースのセレモニースーツにもパンツスタイルが増えてきましたが、やはり見た目の印象を重視するならスカートを選ぶのがいいでしょう。清楚なイメージもあれば、スカートであってもきりっとした印象を与えるものもあります。何より、やはり女性はスカート姿が正装というイメージがどうしてもありますので、数多くのレディースセレモニースーツの中でも、スカートタイプが圧倒的に多くなっています。特に人気はアンサンブルで、スカートが二枚セットになったものがよく売れています。これなら、上下を同じ色で統一することもできれば、スカートの色を変えることでまた違った雰囲気が出せるからです。何着も持つものではないだけに、着回しができるタイプは便利で、人気があるのもわかります。

若い世代にはパンツスタイル派も多い

モデルのように背が高く、すらりとしている人なら、パンツスタイルのセレモニースーツが素敵に着こなせます。スカートがどちらかというと甘い雰囲気を醸し出すのに対し、きりっとしたキャリアウーマンのような雰囲気を出すことができるでしょう。自分で自分をどのようなイメージにしたいかを考えたとき、スカートにするかパンツにするかの選択が決まると思われます。葬儀の場とは異なり、入学式や七五三、結婚式などにも着ていく機会がありますが、パンツスタイルはダメというルールやマナーはありません。自分に似合い、その場の雰囲気に合っているなら、パンツでもスカートでもどちらでも大丈夫です。ただ、セレモニーのために着ていく服であることを考えると、厳粛な雰囲気になる卒業式と、晴れやかな服装が向いている入学式では、色合いを変える必要があります。そのため、最低でも2着は持っていたいところです。

1着だけなら小物でイメージチェンジを

セレモニーごとにカラーを変えて着用すれば、それぞれにぴったり合った雰囲気が醸し出せます。入学式や結婚式は少し華やかな印象を与えたいものですし、卒業式は厳粛にしたいことから、落ち着いた色合いが似合います。とはいえ、2着も買うのはどうもという人であれば、紺色を選ぶのがいいでしょう。少し明るめの紺色であれば、後はコサージュやアクセサリーを工夫することによって、どんなセレモニーにも通用するスーツになります。レディースセレモニースーツは、用途に合わせて持てれば一番ですが、それができない場合は万能なカラーと定番人気のスタイルから選ぶことを考えるのがおススメです。

記事一覧